インプラントの技術がスゴイ

インプラント手術をする前に、レントゲン撮影をして口腔内を把握する必要があります。

インプラントの技術がスゴイ

レントゲンの撮影をする

あごの骨に人工歯根を埋め込む外科手術のことをインプラントと言います。
外科手術なので、多少のリスクが介在します。
そこでそのリスクを軽減するためには、手術をする前に治療する箇所の状況について詳しく検査をする必要があります。
検査の手法にはいろいろとありますが、その中の一つにレントゲンを活用することがあります。
レントゲンを撮影することによって、目視では確認することができない口腔内の情報を確保することができます。
このため、より患者に合った治療方針を立てることができるようになります。
現在インプラントの検査で使用されるレントゲン写真ですが、平面のほかにも立体の画像を撮影する技術もあります。
平面のレントゲン撮影をする時ですが、パノラマという技法を使うことが多いです。
パノラマとは、15cm×30cmの1〜2枚の画像の中に口の中の総覧を撮影する方法を指します。
パノラマ撮影をすることで、はなから下あごに至るまでの口の中の情報をとらえることができるようになります。
しかし一方で、パノラマには撮影の限界もあると言われています。
まず画像にゆがみが生じる可能性があります。
このため、口の中の正確な位置関係であったり、形状であったりということを確認することは難しいです。
またパノラマは平面の画像になってしまうので、あごの骨の厚みがどうなっているとか、神経がどのように走っているかと言ったことを確認することにも限界があります。
平面乗れと言撮影をする時に、デンタルという手法を使うこともあります。
こちらはパノラマと比較すると、画像は3cm×4cm程度なので、それほど大きくはありません。
このため、2〜3つの歯とその周辺の組織について確認するために使われることが多いです。
それぞれの歯の状態について、周辺組織も含めてより正確な情報把握することができるメリットがあります。
しかし部分的に撮影をしますので、歯と周辺組織以外の情報については、なかなか情報を把握することが難しくなります。
またこちらも平面の画像になってしまうので、骨がどの程度の厚みを持っているかについて知ることは難しいとされています。
インプラント治療をする人の中には、虫歯や歯周病を抱えているケースも少なくありません。
そのような人のために、虫歯や歯周病の症状を詳しく診断をするために、デンタルによってレントゲン撮影をすることがあります。
自分の歯の状態を知るためにもデンタル撮影をすることもあります。

おすすめ情報

Copyright (C)2018インプラントの技術がスゴイ.All rights reserved.